酵素の歴史

酵素の歴史

酵素の歴史は古く紀元前3000年頃にはその記録をみることが出来ます。
ただ酵素の理解がされるようになったのは19世紀になってからで麦芽の抽出液から澱粉を糖化する物質が抽出されたのが初めです。

酵素産業として初めて商品化された酵素は、チーズ製造用のレンネットと呼ばれる数種の哺乳動物の胃で作られる酵素の混合物でした。

19世紀から一気に酵素の研究は進み物質代謝と並び生命維持に必要な分野で自己代謝、複製、修復など遺伝子との関係性も調べ始められ、酵素の研究が20世紀の一大テーマ
となりました。

遺伝子と酵素の対応関係は明確になりどのような酵素が体内に存在するかとどのような
遺伝子が存在するかはイコールになり、体内に生成される酵素量には限界がある事など、消化酵素と代謝酵素の関係性などの理解が深められていきました。


JSG Web Shop

JSG Web Shop

JSG Web Shop

JSG Web Shop

JSGメールマガジン登録

PAGETOP
Copyright © 株式会社JSG All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.