ファスティング

ファスティング

ファスティングとは日本語にすると「断食」を意味し、語源はファスナーからきていると言われています。

古くから宗教上など様々な観点から断食は行われており、身を清める為や閃きなどを求め天からのお言葉がふってくると、お釈迦様をはじめ沢山のお坊さんが修行の一環としてやられてきました。
今では化学や人間学の進歩により科学的観点からファスティングが、身体の中の究極のデトックス効果を与えてくれることがわかってきました。

基本的にはダイエットの観点から初めは捉えて始められる方は多く、悪いものを排出しながら食べないので体重は減りますが、もっと沢山のことが得られるのがこのファスティングです。

メカニズムとしては消化酵素と代謝酵素の関係性が密に関わってきます。
私たちがご飯を食べると消化酵素が使われ体内の固形物を分解し吸収され、その吸収したものをエネルギーに変えたり、余分なものを外に出し、生命活動において重要な役割を担っているのが代謝酵素です。

体内で作られる一生分の酵素量は決まっており、また一日で使える量も決まっています。
その為、一日に沢山ご飯を食べてしまいますと消化酵素が間に合わず代謝酵素が、
消化酵素の補助にまわり、一日で必要な代謝酵素量が減ってしまいます。

そうすると吸収されたものがちゃんとエネルギーに変換されず脂肪に代わり、さらに排出も鈍くなり毒素が体内に蓄積しやすくなり、その状態が過度に起こると生活習慣病になりなりやすくなります。

そこでファスティングを行うということは固形物を一定期間摂取しないということなので、
消化酵素の活用を断つことになり、身体の中では代謝酵素の活動のみとなります。
今まで溜めてきた毒素が排出され、身も心もリフレッシュ出来るのがファスティングです。

  

スタッフの「6日間ファスティング」結果を大公開

体重はもちろん!体脂肪や見た目がグッと引き締まりました。
この変化を是非ご体感してみて下さい!!


JSG Web Shop

JSG Web Shop

JSG Web Shop

JSG Web Shop

JSGメールマガジン登録

PAGETOP
Copyright © 株式会社JSG All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.